ごあいさつ

理事長
アスクウッド(秋田製材協同組合)理事長 小松隆明

東北最大級の大型製材工場

 平成24年3月下旬、秋田の地に東北では最大級の製材工場が誕生しました。
 日本一の蓄積をほこる秋田スギを100%挽き材として、年間148,000㎥を消費し、一般製材品はもとより国産材志向の高まりつつあり、その供給拠点工場として、平成24年4月以降操業を開始しました。
 全国では100,000㎥を超える大型製材工場が多数建設される中、秋田スギの製材品は、全国市場で遅れをとっておりましたが、この大型製材工場の稼働により、全国の大型製材工場と肩を並べ、互角に市場参入することができました。
 大型高性能設備機械を導入し、大型工場のスケールメリットを最大限に発揮し、高品質、低価格、量産型、安定供給をめざし、全国の市場に秋田スギ製品の銘を広めていくとともに、秋田スギ需要拡大の使命も担っております。
 なお、乾燥設備も充実させ年間約60,000㎥のKD材も供給する事が出来ます。
 秋田製材協同組合は、「ASK WOOD(アスクウッド)」の愛称のもと、より全国のみなさまに愛されるよう、組合員一同、懸命の努力をいたしております。今後ともよろしくご愛顧のほどお願い申し上げます。